フラクセル.net  無料カウンセリング
メール予約
フラクセルとは 麻酔とアフターケア 体験レポート 治療部位と症例 FAQ フラクセル.net
フラクセルとは
サーマクール.net
美容皮膚科クロスクリニック
 
フラクセルとは
 
[フラクセルとは]

しみを取ったり、皮膚に張りを回復させるための従来のレーザーは、照射ビームがセンチメートル、
ミリメートル単位の径であるのが常識だったのですが、フラクセルはレーザーの照射ビームをミクロ単位
(事実上の点)に縮小することにより、新しいタイプの治療を行えるようにした、エポックメイキングな
レーザー治療器です。この治療は、ハーバード大学ウェルマン研究所において開発され、
Fractional Photothermolysisと命名されました。

シミ・くすみ・肌質といった肌表面の全般的な問題を解決する治療として、従来法で最も効果的なものは、
CO2レーザーを用いたリサーフェシング治療(皮膚をレーザーで一度剥がして完全に入れ替える方法)
です。CO2レーザーは、表皮を剥奪するアブレイティブ・レーザーの代表で、皮膚を面でリサーフェシング
するのですが、フラクセルは皮膚を極小のドット(点)でリサーフェシングする治療器です。面ではなく点で
治療することがフラクセル最大のポイントです。確かに皮膚全体をリサーフェシングするアブレイティブな
手法は1回で広範囲を治療ターゲットにできるのですが、表皮全体を外科的に剥離してしまうので数カ月
にもおよぶ長期のダウンタイムや感染、色素沈着などの副作用・合併症の問題がありました。フラクセル
の点でのリサーフェシングは、皮膚表面のバリア機能をもつ角質層を完全に温存するので、リスクを
回避し、治療直後からのメイクやヒゲ剃りも可能な治療です。実際には2、3日の赤み等はあるもの日常
生活にはノーダウンタイムまたはミニマム・ダウンタイムの施術であり、1回の治療により12〜20%の皮膚
の入れ替えを行うことができます。治療部位は、顔はもちろんのこと、アブレイティブ治療では施術が
難しかった首やデコルテ、手の甲などへの対応も可能にしました。なお、治療回数は4〜6回で日本人の
肌に合った治療間隔は4週間とされています。

[フラクセルの性能]

フラクセルのレーザー光は波長1,550ナノメートル、エルビウム・グラス・ファイバー・レーザーで、その照射スポットの直径は約0.08ミリメートルです。ハンドピース先端を皮膚に滑らすようにレーザーを照射すると、自動的に1平方センチメートルあたり125ショットまたは250ショットのレーザー光が出るように制御されています。通常8パスを行うことにより、1平方センチメートルあたり1,000〜2,000ショットの照射密度で皮膚をリサーフェシングします。照射の強さは6〜40mJに可変式で、照射密度と強度で、光老化、ニキビ跡など肌トラブルに合わせた照射設定をします。

ハンドピース 照射イメージ 密度イメージ
[肌再生のステップ]

●フラクセルを照射する前の皮膚
●直径約0.08ミリのフラクセルレーザーを照射
 

シミやくすみなどの肌トラブルが表皮で起こり、真皮層のコラーゲンが減少し密度がスカスカした状態。

 

レーザーの当たっていない部分は生きた組織がそのまま存在している。

   
  ●照射1時間後   ●照射6-8時間後
 

レーザーが照射された部分のみ、表皮(顆粒層・有棘層・基底層)から真皮層(上層─中間層)にいたる組織に熱ダメージが与えられる。しかし、水分を含まない角質層はフラクセルレーザー光を吸収しないためダメージを受けない。よって治療直後からメイクやヒゲ剃りが可能となる。

 

レーザーが照射されていない周囲の生きた細胞がダメージを受けた組織を包み込むように再表皮化が始まる。

       
  ●照射24時間後   ●照射4-14日後
 

ダメージを受けた表皮の細胞は再表皮化により上層へ押し上げられる。真皮層ではレーザーの熱によるタンパク質変成がおこり高密度のコラーゲンが産生される。

 

ダメージを受け壊死した組織が押し上げられ剥離し、新しく生まれた皮膚と入れ替わる。真皮ではコラーゲンのリモデリングが進行していく。

       
[フラクセルの適応]

・テクスチャー(肌質) ・キメ ・小ジワ
・シミ ・くすみ ・美白
・ニキビ跡 ・毛穴の開き
・炎症後色素沈着 ・アトピー皮膚炎後色素沈着
・傷跡

  ページTOP  
 
美容皮膚科・美容外科のクロスクリニック 無料カウンセリング メール予約 料金表 サイトマップ フラクセル.net内で提供されるすべてのコンテンツ(文字、文章、写真、映像、イラスト等)の著作権はクロスクリニックに帰属します。